「犬たちの明治維新:ポチの誕生」を読みました♪

仁科邦男「犬たちの明治維新:ポチの誕生」

犬たちの明治維新: ポチの誕生 (草思社文庫)を読みました。

「犬」というキーワードで昔の資料にあたり、開国とともに犬の環境がどう変わったのか、記述した本です。

昔は里犬といって里や村に犬が住み着き、別に飼い主といった概念もなかったようなのですが、開国と同時に洋犬が入ってきて、それにともなって、里犬が駆除され、犬を家族の一員として「飼う」という習慣ができたようです。

犬にとっても激動の時代だったのですね。かなりの数の里犬が撲殺されたそうです。

 

四代目柳亭左楽の落語「手飼いの犬」

その一方で、新時代の愛犬家(犬を溺愛する人?)の話も出てきます。

私の中でちょっと笑ってしまったのは、四代目柳亭左楽の落語「手飼いの犬」(明治31年)のくだりです(ハードカバー版のp. 175-176です)。

その噺の中で、噺家の左楽は華族の家に呼ばれます。

そこで金の鈴をつけた、手飼いのカメ(洋犬のことを「カメ」と呼んでいたようです)に会います。

そのカメは左楽の口の周りなどをペロペロするので、左楽は気持ち悪くて「およしください」と丁寧にいいつつ、困っていたそうです。

すると、殿が「左楽はカメが嫌いだから洗ってやれ」といって、湯桶とたらいがでてきたそうです。

左楽はてっきり自分用に出てきたと思ったのですが、殿は「ほら、カメの舌を洗ってあげろ」といったそうです。

 

犬好きはこうなっちゃうんでしょうね(笑)

---------------------

いつも読んでくださりありがとうございます。
よければクリックよろしくお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です