487日目。また手術をすることに・・・

(長文失礼します)

ぎんちゃんは、4月に左膝の膝蓋骨脱臼の手術をしました。

すっかり元気になったのですが、ただ左膝の腫れが残っており、手術後に3回、お医者さんに診ていただきました。

3回診てもらって大丈夫といってもらったので、こちらが心配性なだけなのだ、と安心していたのですが・・・

 

↑朝んぽ中のぎんちゃん。

 

今、腫れはひいたのですが、その腫れのところにあった、1mmぐらいのベージュ色のかさぶたのようなものはそのまま残ったままでした。

今日、そのかさぶたが3mmぐらい出ていて、これってかさぶたじゃなくて、もしかして手術時に補強した人工靱帯なんじゃないかと思い、急遽病院にいってきました。

 

↑ぎんちゃんは全く痛がっていませんし、いつもどおり元気いっぱいです。

院長先生に診ていただいたところ、やはり人工靱帯の結び目が少し出ているとのこと・・・。

レントゲンもとりました。先生によると、人工靱帯をつけるために左膝の骨に穴をあけたそうなのですが、細菌感染のせいか、その穴が少し大きくなっているようです。

 

このまま人工靱帯が出たまま残りの一生を過ごすわけにもいきませんし、何よりこのままだとその出ている部分から細菌感染が進んでしまうそうなので、来週の火曜日に手術して人工靱帯を取り出すことになりました。

火曜日入院で、水曜日には退院できるとのこと。

 

↑手術までは散歩も控えることに・・・。今日の朝んぽのときは、そんなこと思いもしませんでした・・・。

 

 

先生によると、人工靱帯はそもそも補強のためにつけたもので、今は術後から時間がたっていて、他の組織体で関節はある程度補強されているはずなので、とりだしても問題はないと思うとのことでした。

 

細菌感染については、適切な抗生剤を手術時に調べてくださるそうで、それをしばらくは服用することになるとのことでした。今日も抗生剤をもらいました。

 

↑いい子にお座りする朝んぽ中のぎんちゃん。

 

ぎんちゃんが膝蓋骨脱臼が治って、元気に走れるようになったのは、先生のおかげなので心から感謝しています。

ただ、全身麻酔の手術をもう1回ぎんちゃんにさせなければいけないこと、今年の2月からなんやかんやでずっと足のことが長引いていることなどを考えると、複雑な気持ちです。

---------------------

いつも読んでくださりありがとうございます。
よければクリックよろしくお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です