わんちゃんとのタイの旅行記をつづった「旅はワン連れ」を読みました

「旅はワン連れ」について

我々はノンフィクション作家の高野秀行が好きなんですが、この前、彼の「謎のアジア納豆」を読んでいると、さらりと愛犬同行でタイに取材にいったと書いてありました。

最近ワンちゃんアンテナが張っている我々は、それだけで彼に対する好感度(?)がすごく上がったのですが、さらに調べると高野秀行の妻の片野ゆかもノンフィクションライターで、このタイ旅行について「旅はワン連れ」という本も出版しているとのこと。

↑これです。

 

これはぜひ読んでみたい!ということで読んでみました。

読んだ感想

基本は2か月ぐらいタイにお二人が愛犬のマドちゃんと旅行したときの旅行記で、準備や滞在中での発見などをテンポよく記しています。

マドちゃんを同行させようと思ったのは、マドちゃんがかなり警戒心がある「ビビり犬」なので、それをいろいろな経験をして克服させるため、あとは、お父さんである高野さんとの関係を深めるためだったそうです。マドちゃんはお母さんである片野さんには心を開いているそうなんですが、家を不在にすることも多いお父さんとはちょっと微妙な関係だったとのこと。

ちなみに、マドちゃんは、ソマリ語で「クロ」という意味らしいです。マドちゃんの写真がちょこちょこ入っているので、それを見ているだけでも満足です(笑)

それにしても、片野さんの行動力はすごいなと思っちゃいます。我々もぎんちゃんと一緒に海外旅行できればと思うこともありますが、いろいろ考えるとやっぱりやめてしまいますもんね・・・。

実際、タイをワン連れで旅行するにあたって大変だったことはたくさんあったようです。もちろん準備も大変ですし、泊まれる宿も限られてきます。散歩の場所一つとっても、公園はワンちゃんNGだったり、散歩できるところも既に「アジワン」(アジアのわんちゃん)と片野さんが呼ぶワンちゃんたちのテリトリー内だったりして、なかなか探すのが大変だったそうです。

でも、この本を読んでいると、そういったワン連れ旅行による「制限」そのものを楽しんでいるような感じすら受けるんです。

また、マドちゃんは「ビビり犬」ということですが、この本を読んでいるとそんなこと全然なくて、本当にたくましいんです。詳しくは省きますが、マドちゃんのいろいろな顔が見れて、マドちゃんの魅力もつまった一冊でした。

---------------------

いつも読んでくださりありがとうございます。
よければクリックよろしくお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です