文春新書の「秋田犬」を読みました。

「秋田犬」について

2017年12月に発売された文春新書の「秋田犬」 を読みました。

1章はプーチン大統領やヘレン・ケラーをはじめ、世界中で秋田犬を飼っている人々について、2章は秋田犬の由来、第3章は忠犬ハチ公について、4章は日本の秋田犬業界の危機的状況について記載していました。

読んだ感想

面白かったのは、今の形の秋田犬が品種固定されたのは1980年ごろだということです。

基本的に秋田犬(他の犬種もそうだと思いますが)は、他の犬を掛け合わせて作り上げてきたものなのだなぁと実感。戦前の「秋田犬」の写真も載っていましたが、今とは似つかぬ形でした。

「ハチ公」も秋田犬ということになっていますが、たぶん今の「秋田犬」の基準では失格ですね(笑)

なお、著者は何度か秋田犬の「復元」という言葉を使っていましたが、「復元」というより「構築」といったほうが現実に即しているような気もしました。

 

それはそうと、この本の出版もその一部になると思うんですが、最近、秋田犬がブームになっているようです。

ぎん地方では、ここ数年、秋田犬の触れ合いの場が増えているように思います。

グッズ販売などはいいと思うのですが、安易な観光客寄せの手段として、秋田犬のワンちゃんを使ってほしくないとは思っちゃいますね。

---------------------

いつも読んでくださりありがとうございます。
よければクリックよろしくお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です