膝蓋骨脱臼の整復手術・人工靱帯除去手術から1年後の膝の様子と日常の関節ケア

1.はじめに

ぎんちゃんは去年の4月に左膝の膝蓋骨脱臼の整復手術、その後8月に人工靭帯除去手術をしました。右膝は手術はしておらず、経過観察中です。

 

詳しくはこちら↓

【参考情報】膝蓋骨脱臼整復手術の経過・手術を決めた理由・費用等

【参考情報】膝蓋骨脱臼整復手術後のリハビリについて

【参考情報】膝蓋骨脱臼整復手術後の膝の炎症・人工靱帯除去手術の経緯・費用について

ちょうど1年ぐらいたったので、1年の経過をまとめておこうと思います。

2.現在の様子

現在ですが、手術したほうの左膝は、8月の除去手術後は1回もあげていません。

手術をしていない経過観察中の右膝のほうは、8月の左膝の手術後から秋までは一度もあげていなかったのですが、11月12日に一度あげました。その後も12月27日に一度、1月2日にも一度あげました。それ以外は覚えていませんが、もしかしたら後1,2度ぐらいはあったかもしれません。

あげたといっても、すぐ戻りましたし、1日に何度もあげるということはありませんでした。

今から考えると、気温が急に下がった日などにあげていた気がします。あげた日の翌日は安静にするようにしていました。だいたい1、2日安静にすると、その後継続してあげるということはなかったように思います。

今年の春以降は、右膝・左膝ともに一度もあげていません。

3.膝のためにしていること①:関節サプリ

とはいえ、ぎんちゃんは膝が弱いことは事実なので、できるだけ関節を強くするように工夫はしていいます。

まず、関節サプリのバイエル コセクインDS120を毎日半錠ずつ飲んでいます。

↑いろいろと他のも試してみましたが、現在はこれに落ち着いています。

根拠は全然ないですが、これを飲み始めてから調子がいい気がします!

 

4.膝のためにしていること②:筋肉をつける

膝の周りの筋肉をつけて、膝を強化することが必要と聞いたので、できるだけ膝に負担のない方法で筋肉をつけるようにはしています。

手術後は安静生活のせいで筋肉はだいぶ落ちてしまっていましたが、今は結構ムキムキです。

  4.1 風呂場でのリハビリ

645日目。暴風雪の日はお風呂で膝の強化トレーニング!

↑水の中の運動がいいと聞いたので、水中トレッドミルもどきを風呂場でやったりしました。

  4.2 雪の中でのボール遊び

冬によく雪の中で遊んでいたのですが、それは結構膝にはよかったのかもしれません。

↑雪国ならでは!ボール好きのぎんちゃんは喜んでやってました。

柔らかい雪(できれば新雪)のときがいいと思います。硬い雪だと逆によくないかも・・。それから、寒さ対策はもちろん必要です!

 

  4.3 水泳

ぎんちゃんは水に全然抵抗感がないのと、我が家の近くのドッグランで夏場はドッグプールを使わせてもらえるということもあり、夏場はプールや湖で積極的に泳いでます。

↑泳ぐのも上手になりました。

5.膝のためにしていること③:膝を傷めない工夫

   5.1  ボール遊びは芝生で

↑ボール遊びは芝生でするようにしています。

 

   5.2  急な階段は抱っこ

↑無理に階段は降りさせないようにしています。

   5.3  家での段差を減らす

↑ソファの前にもう一つクッションや座布団を置き、ソファから飛び降りないようにしています。

   5.4  床にマットをひく

↑もちろん床にマットもひいてます。

 

ちなみに我が家のリビングはぎんちゃん仕様になっていて、おしゃれからは程遠いです・・・。

   5.5  ジャンプ・急回転をさせない

我が家はぎんちゃんが膝が弱いと知るまでは、家でも結構激しくボールを追いかけていたり、ジャンプしたりしていたんです。

ただ、手術後は家でボール遊びをするときは、隠しっこゲームにするか、一度「待て」をさせて、ボールが止まってから、ボールを取りに行かせるようにしています。

ジャンプはさせないようにしています。

 

  5.6  体重管理

↑これはうまくできてないときも多いですが、体重は増やしすぎないように、注意しています。

6.まとめ

ぎんちゃんが充実した犬生を過ごせるよう、できるだけ膝のことは気をつけたいとは思っていますし、気をつけるようにしていますが、膝が弱いのは事実ですし、経過中の右膝、そして手術をした左膝も将来どうなるかはわかりません。

膝が弱いからといって、すべてを制限してしまうと、ボール遊びも何もできなくなってしまい、ぎんちゃんもストレスになってしまうと思うので、今は神経質にならない程度に、こちらもできる限り工夫しようとおもっています。

それでも膝が将来悪くなってしまうようなら、そのときはそのときで、その時点のぎんちゃんの年齢・体調などをみながらできるだけいい対処法を考えていこうというスタンスでやってます。

ご参考になればうれしいです!

---------------------

いつも読んでくださりありがとうございます。
よければクリックよろしくお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です